母乳

生まれて一番最初に飲む母乳を、初乳といいます。最初に飲む母乳である初乳には、栄養や免疫といったものが含まれています。生まれてすぐの赤ちゃんは免疫や抗体を持っていないので、この初乳を飲ませることが母乳育児を進めていく上でとても大事なことです。

サイトトップ > 母乳の栄養

スポンサードリンク

母乳

母乳の栄養


母乳のみで、赤ちゃんというのは成長します。母乳には、どういった栄養素や利点があるのでしょうか。


生まれて一番最初に飲む母乳を、初乳といいます。最初に飲む母乳である初乳には、栄養や免疫といったものが含まれています。生まれてすぐの赤ちゃんは免疫や抗体を持っていないので、この初乳を飲ませることが母乳育児を進めていく上でとても大事なことです。


母乳というのは、どれだけ飲んでも濃さが同じというわけではありません。母乳は、最初は薄くてだんだんと濃くなっていきます。ですから、赤ちゃんは一度母乳を飲むだけでフルコースの料理を味わったような満足感が得られるそうです。


母乳で育った人というのは将来、動脈硬化や成人病などの病気にかかりにくいという研究結果も出ています。それに、母乳をあげたお母さんにとっても、乳がんや更年期障害にかかりにくいといった効果もあります。


赤ちゃんにとってもお母さんにとっても大切な母乳ですが、生まれてから卒乳するまでの間、母乳の成分は日々変化していきます。赤ちゃんの成長に合わせて、含まれる栄養素が変わっていくのです。


母乳には、まだまだ解明されていない部分もありますが、赤ちゃんにとっての完全栄養食品といえるでしょう。


母乳

MENU



スポンサードリンク