母乳

生まれて一番最初に飲む母乳を、初乳といいます。最初に飲む母乳である初乳には、栄養や免疫といったものが含まれています。生まれてすぐの赤ちゃんは免疫や抗体を持っていないので、この初乳を飲ませることが母乳育児を進めていく上でとても大事なことです。

サイトトップ > 母乳マッサージ

スポンサードリンク

母乳

母乳マッサージ


母乳で赤ちゃんを育てるためには、産前・産後の母乳マッサージを行なうことが大切です。 母乳マッサージというのは、赤ちゃんが安心して母乳が飲めるようにすることと、体の中から母乳を効率良く作り出すことが目的です。


出産をすれば自然と出てくる母乳ですが、赤ちゃんがおっぱいを吸えば吸うほど母乳の量は増えます。ですが、赤ちゃんがうまく吸えなかったり、乳管が塞がってしまっていたり、他にも産後の疲れなど、お母さんの体調によっても母乳の出は悪くなってしまいます。それほど、母乳というのはデリケートなものなのです。


母乳マッサージは、流産の危険性がなくなる20週目からを目安に妊婦の時から行うと良いでしょう。お腹が張ってきたらすぐに止めることが大事です。妊婦の時に行なう母乳マッサージは、赤ちゃんが飲みやすい乳頭を作り、乳管を開き、乳腺の発達を促すことが目的です。妊婦の時に母乳マッサージを行なうことで、乳頭が柔らかくなってよく伸び、赤ちゃんが吸い付きやすくなります。


産後に行う母乳マッサージは、母乳の出を良くするためのマッサージです。ですが、産後は睡眠をしっかりととって体を休めることが、母乳を出す一番の方法です。母乳育児を続けるためにも、根気良く赤ちゃんにおっぱいを吸わせるようにしましょう。


母乳

MENU



スポンサードリンク